FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【fx・トルコショック】大きな変動相場に僕が対応できていたマインドセットと実践法とは

2018年8月10日、トルコショックが起きました。

この相場の急な変動によって、多くのトルコリラホルダーが損失を出したことは想像に難くありません。

しかも、相場の急落が起こったのは米国時間なので、スワップ派で放置を行っている方はまさに寝耳に水の出来事だったのではないでしょうか。

そんな中でも、トルコショックでは僕は大きな損失を出さずに済みました。

今回の記事は、僕が実践するトルコショックのような相場の急落にも耐えることのできるマインドセット・コツを徹底的に伝授します!

トルコショックについての詳細が知りたい方は⇒【FX】トルコショックにより、新興国通貨軒並み価格低下!日本国債の利回り上昇も2018年8月13日

記事コンテンツ


  • 僕の投資スタイル

  • リスク低減のマインドセット

  • トルコショックで大損失を免れたコツ

  • まとめ




僕の投資スタイル


wallet-2292428_640.jpg
現実世界に止まらず多くの方から、『僕の投資スタイルってなんなの?』という質問を良く受けます。

ここで僕がいつもお伝えしていることは、リスクを極力否定しリターンを極大化するということをお伝えしています。


具体的に言うと、損切りを極力否定して、常にホールドし続けることです。


株式や通貨の入れ替えは1年に1度行うかどうかです(利益が乗って売却することは多々あります)。もちろん、アセットアロケーションの比率の入れ替えを行い、ポートフォリオ配分の入れ替えも1年の間に何回も行っています。

利益がのった時点から監視を開始し、売り時を間違えずに売却していきます。

この投資スタイルは僕が20歳の時からデモ取引から株式市場に入り、長年培ってきたことなので、本記事を読んでくださっているみなさんの投資スタイルとは親和性があまりないかもしれません。

しかし、、、

僕の投資スタイルは今回のトルコショックを見事に回避してくれました。むしろ未だに保持するポジションに利益が乗っているのは奇跡に近いかもしれません。

では、この投資スタイルを確立する上で重要なマインドセットや手法ってなんなのよ?という方もいらっしゃると思います。

以下でトルコショックを乗り切ったマインドセットや手法をお伝えしていきます。



リスク低減のマインドセット


stock-1863880_640.jpg

僕の投資スタイルの根幹はリスクを極力減らすことからスタートしていきます。リスクを低減することは、心に余裕が生まれることにつながります。

この心の余裕は投資・投機の世界ではとっても重要なんです・・・


リスク低減=心の余裕をつくること

この等式を成り立たせるために僕が常に心がけているマインドセットをお伝えします。


  1. 自分の相場観は基本的に間違っていること

  2. レバレッジは心の余裕を削る

  3. 歴史は繰り返す



自分の相場観は基本的に間違っていること


もうかれこれ、投資の世界に足を突っ込んで7年たちます。7年間毎日チャートを見ながら考える大事なことは、相場を読める本当のプロ、トレーダーは本当にほんの一握りであるということです。

むしろ、相場なんて読めなくて当たり前なんです。

現在はアルゴリズムトレード(システムトレード)や、AIを駆使したトレード、個人投資家よりも多額な資金を持つヘッジファンドなどなど市場には多様な要因が複雑に絡まりすぎていてとても制御できるものではありません。

今回のトルコショック誰が予測できましたか?

自分の考えに常に疑問をもつことが大事です。そして、人間主導で行っているのですから、必ず間違いはおこります。



レバレッジは心の余裕を削る


レバレッジの根本はリスクの増大によりリターンを極大化することにあります。レバレッジを効かせることは、リスクを自ら許容する=心の余裕という資産を削ることにつながります。

このマインドセットは今回のトルコショックでも活躍してくれました。

ほぼ自己資金で行っていたおかげでロスカットの憂き目にあわなかったのですから。

レバレッジは短期的に資金の運用を行う場合には、絶大な効力を発揮してくれます。しかし、僕のような長期投資には親和性がほぼありません。

スワップ派のブログで書かれている、レバレッジ2倍や3倍の運用方法は間違いではありません。でも、ほぼロスカットはないと言われても、今回のトルコショックでは、約25%もの下落を記録しましたよ?



歴史は繰り返す


売り時、買い時の判断の際に自分の取引の履歴=歴史を考えること、そして市場の歴史=チャートを考えることは重要です。

例えば、こちらをご覧ください。

2018年8月15日トルコリラチャート
FXTRY201808151452.png

トルコリラは完全に下落の一途を辿っていますよね。

しかも、平均の年騰落率をざっくり計算してみると、当初から現在の約17円まで減価したとすると、当初よりも約91%もの価値が失われています。年で換算すると、平均約5%もの価値が失われている通貨なのです。

市場の歴史を見ることはとても大事です。チャートを見れば分かりますが、今回のトルコショックを上回ることがトルコリラでは起きているのです。



トルコショックで大損失を免れたコツ


calculator-385506_640.jpg

トルコショックでは新興国通貨も軒並み価値が低下しました。 全世界ではリスクオフの流れとなり、たくさんの資本が国債市場に流れていました。

そんな中で僕が、まったく損失を食らうことなく奇跡的に+収支になっているコツとはなんなのかをお伝えします。

ご注意頂きたいのは、マインドセットが伴って初めてこのコツの意味が分かるということです。すぐに稼げるテクニックでは全くないためそのご期待には添えないことご了承ください。

また、ここまで読み進めてもらって、当記事が言っていることが、本当か心配な方はこちらの記事をご参照ください。

fx実践録!塩漬けメキシコペソを利益確定しました!2018年7月31日



  1. 月・週・日のチャートを必ず確認する

  2. 疑念があったら即利確

  3. 日次の予算管理・ポジション管理を必ず行う



月・週・日のチャートを必ず確認する


あなたは投資を開始するとして、定点観測は行っているでしょうか。また、投資をした後の定点観測は行っていますか?僕は毎日1時間程度チャートを見るようにしています。

デモ投資を始めたころは、それこそ8時間程度ぶっ続けでチャートを追っていたものです。(投資が一種の趣味になっていたことは否めませんw)

チャートを見る際のコツは月・週・日の順番で見ることです。大きな視点から小さな視点に移ることで、今相場では何が起こっているのかを確認することができます。

定点観測で、ざっくりとした通貨・金融商品の1年の流れを追い、次に行うのが歴史のチェックです。

今回のトルコリラの暴落よりも大きい暴落は過去にもあるため、僕はトルコリラへの投資は控えていました。

ここが、チャートを確認する最大のコツです。

通貨や金融商品の隠れたリスクを事前に知っておくことは、あなたの投資判断をより的確にしてくれるはずです。



疑念があったら即利確


疑念があり、利益が乗っている場合はすぐに利確を行いましょう。今回のトルコショックに端を発する、新興国通貨暴落を乗り切ったコツです。

証拠としてこちらをご覧ください。

2018年8月13日メキシコペソ建て玉
FX201808132229.png

先ほど紹介した記事よりも更に建て玉を減らしました。

あくまで主観ですが、メキシコペソは、直近では6円付近から急落することが多々ありました。今回値段が6円以上になっていたため、また急落すると感じ、6円以上で利益が乗っているものを全て確定しました。

その結果、5円台のポジションが残ることになり今回のトルコショックでは全くと言っていいほどの無傷で済むことが出来たのです。

この疑念があった場合の利確というのは、経験が特に生きてくるコツです。自分自身や市場と向き合ってやっと手に入る経験だと僕は考えています。



日次の資金管理・ポジション管理を必ず行う


そして最後に重要なのは、日次の資金管理の徹底とポジション管理の徹底です。損切りを行わないスタイルでもこれらの管理は徹底してください。利益が乗っている時こそ、今後の展望を毎日考えることが大事です。

例えば、利益が乗っているから、ここで確定してポジション軽くするか・・・

例えば、損失が増えているから入金を行って、平均取得価格を押し下げるか・・・など

毎日考えながら動くことが重要です。ポジション管理や資金管理は投資における必須事項です。

FXや株式などの金融商品に対して応用できるように、一般化して言うと、


自分の立ち位置を知り、次の行動につなげること


これが資金管理とポジション管理のキモです。

まるでホワイトカラーの仕事のような気がしてきますね。



まとめ


今回の記事では、以下についてを書きました。


  • 僕の投資スタイル

  • リスク低減のマインドセット

  • トルコショックで大損失を免れたコツ


僕の投資スタイルは長期投資であり損切りはなるべくおこないません。そのため、日々少しづつリスクを低減していくことが重要です。
僕が7年間の投資生活で確立した投資スタイルで中々皆さんとの投資スタイルとは親和性が持てないスタイルかもしれません。

しかし、今回の手法によってトルコショックは見事に乗り切りロスカットにならずに投資生活を続けられるということは事実です。

リスクを取り続けなければいけない生活な以上、出来るだけリスクを減らしてリターンを極大化しなければいけません。

これらのマインドセット・実践法があなたの幸せな未来の一助となることを願います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

伊藤マキ

Author:伊藤マキ
当ブログは借金総額750万円の男が如何に普通の生活に戻っていくのかの実践記です。
主に金融系の記事を取扱い皆様の一助となることを願います。

たくさんの読者の方から、どうすれば生活が変わるの!?というご相談を受けております。

借金生活から抜け出したい、奨学金から抜け出したい、少しでも収入を増やしたい。

お金の悩みは人それぞれですよね。

でも、共通しているのは、、、

幸せ、希望に満ちた生活を送りたい!ということです

僕は、希望に満ちた人たちを一人でも多く日本に増やしていきたいと思い、ブログを運営しています。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございます。

当ブログの記事一つ一つがあなた様の幸せな生活の一助となることを切に願っております。

ブログ村に参加しております。当ブログを見て気に入って頂ければクリック下さい。

最新コメント

メールフォーム

奨学金などで現状の暮らしを

どうしても変えたい!

と思っている方。

無料相談を受け付けております。

お気軽にご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。